header image

最も一般的なギャンブル、くじ!簡単に購入できる上、収益金は公共事業に使われます!

宝くじのシミュレーションアプリやロトの攻略法など、常に多くの人を引きつける「くじ」ですが、一説によれば、くじは約2,000年前から存在していたと言われています。日本では、江戸時代に神社の資金集めなどの目的で「富籤(とみくじ)」が流行したそうですが、天保の改革で禁止されたと言われています。現在では、「富くじ」は公営の合法である宝くじに対して、非公営の違法な、許可を得ていないくじのことを差します。

日本には、公営くじとして「宝くじ」と「スポーツ振興くじ」の2種類があります。宝くじにはナンバーズ、ロト6、スクラッチなども含まれます。宝くじの監督庁は総務省で、「当せん金付証票法」という法律により規制されています。一方スポーツ振興くじはtoto(トト)、BIG(ビッグ)、楽当(ラクアテ)といった種類があり、文部科学省が監督官庁を務めています。「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」が根拠法です。

宝くじにもスポーツ振興くじにも、収益金を公共に還元するという公営くじとしての目的があります。宝くじの収益金は全国都道府県や指定都市へ納められ、高齢化少子化対策、防災対策、教育・社会福祉施設の建設や改修、公園整備や森林保全活動などに使われています。また、東日本大震災復興くじを発売し、その収益金は学校再建費、被災者の住宅再建支援金事業、風評被害対策事業、道路復旧事業などの目的で被災団体に納められています。

スポーツ振興くじは、誰でもスポーツに親しめる環境整備や、スポーツ選手の技術力向上のための環境整備や活動支援、そして選手だけでなく指導者の養成や資質の向上、といったスポーツ振興に必要な財源確保を目的としています。その目的の通り、スポーツ振興くじを運営する独立行政邦人日本スポーツ振興センターのホームページでは、誰でも申請できるようにくじ助成の交付申請の手続きの流れが丁寧に紹介されています。

さて、その宝くじとスポーツ振興くじの購入方法ですが、至って簡単です。宝くじは全国の宝くじ売り場で販売されています。宝くじ高額当選者データによると、これまで連番10枚・バラ20枚の合計30枚、という組み合わせの高額当選者が多かったそうです。一方スポーツ振興くじは、toto売り場という売り場で購入できるほか、コンビニやオンラインでの購入も可能です。

スポンサー

最近の記事

公営競技と携帯ギャンブル

世界的に携帯ギャンブルのマーケットが拡大しています. 日本で合法的に利用できる携帯ギャンブルとして公営競技の投票券購入があります. 競馬, 競艇, 競輪, オートレースのそれぞれが, パソコンだけでなく携帯電話による投票を受け付けています.

詳しい話

最高の物語

カジノでギャンブルを楽しむ

カジノはもともと娯楽施設を意味していましたが, 現在ではギャンブルをプレーすることができる施設を意味します. 日本では賭博行為が違法となるためカジノの設置は認められていません. 但し賭けなしでゲームそのものを楽しむ施設は営業されています.

詳しい話

新しい記事

変化するオッズ ライブベット

対象競技のゲーム展開により賭け内容も変化するライブベット. ブックメーカーはゲーム展開によりオッズを変えていきます. ライブベットのプレーヤーはゲームの展開とオッズの変化のタイミングで臨場感と緊張感を楽しめます.

詳しい話

スポンサー

  ©  www.tigerslover.com. 無断複写·転載を禁じます. サイトマップ